一般社団法人国際天然物機能開発研究会

 中国伝統医学(TCM)は、四千年の歴史を継承しながら、現代の多様化した環境・生活習慣の変化に相応して臨床研究を重ね発展し続けています。近年中医臨床と薬学融合の研究は進んで、中医学は中医薬学とも呼ばれます。
 21世紀に、現代科学の手段を用いて、生命の奥秘を探索すると同時に、自然回帰志向が高まり、健康長寿を求め、代替医学などの新しい概念は人の心に深く根ざすことになります。
 疾病を治療し症状を緩和する方法には「対症療法」と「原因療法」があります。国際的な医療の趨勢は、単に病だけではなく、人間の心身全体を診る「原因療法」を中心とした漢方医学や相補・代替医療も必要であるという考え方に急速に移行しています。未病先防・養生法等の思考も重視されております。
 日本には、少子・超高齢化の急激な加速により、社会保障制度全体の見直しが急務となっています。治療を中心とした医療だけでは国民の医療費は増大するばかりであり、予防医療を推進し、医療費を減らす実質的な対策が必要とされます。この一役を担う中医薬学を発揚しながら、西洋医学と融合し、斬新な予防医学を発展させるのは大きな使命と責務であります。
 中医薬学の普及・発展には、伝統医療の本幹を知り、基礎から臨床応用まで正しく理解した専門人材の育成と、健康志向社会のニーズに基づいた生涯教育が重要となります。
 九州は日本において、アジアの窓口であります。国際特徴がある中医薬学、日本の古来よりある自然療法及び大学の先端研究と融合によって、斬新な地域密着型「国際中医薬学院」を設立しました。
 本学院は一般社団法人国際天然物機能開発研究会の元で、中国国立中医薬大学、一般社団法人九州中医薬研究会などと連携し、中医臨床薬膳を始め、東洋医療ヨガ、易学と中医学、臨床自然療法などを中心として、基礎から臨床応用まで教育を行います。さらに、医療・健康を中心とした地域振興に期待が集まります。



名称 一般社団法人 国際天然物機能開発研究会 国際中医薬学院
所在地 〒812-0016 福岡市博多区博多駅南2-1-5-6F
連絡先 TEL 092-411-8077 メール:itcmc@denap.or.jp
提携機関 一社)国際天然物機能開発研究会
中国・遼寧中医薬大学
中国・瀋陽薬科大学
中国・吉林省鍼灸学会
一社)九州中医薬研究会
新加坡・科芸中医薬学院(シンガポール)
教室 福岡教室:博多三益教室(福岡市博多区博多駅南2-1-5-603)
ボイス博多教室(福岡市博多区博多駅南17-14-2F)
未病ラボ教室(福岡市城南区荒江1丁目25-15-2F)
東京教室:東京都港区赤坂8-5-26-4F
島原教室:長崎県島原市上折橋町甲1596-1
シンガポール教室:150 MACPHERSON ROAD SCIENCE ARTS BUILDING SINGAPORE 348524
中国教室:中国・瀋陽市苏家屯区梧桐大街3号3-119-1

国際中医薬学院学院長 王 淑娟 中国国立遼寧中医薬大学教授・医学博士 

学歴及び職歴
学歴 1984年9月遼寧中医葯大学針灸学部(日本語クラス)入学
1989年7月同校卒業  医学学士を獲得 
1991年9月遼寧中医葯大学大学院入学 婦人科を専攻
1994年7月同校卒業 医学修士を獲得
1999年9月遼寧中医葯大学大学院博士コース入学 中医学基礎理論を専攻
2002年7月同校卒業 医学博士を獲得
2005年4月笹川奨学金研修者として、来日
首都大学東京 科学保健学部・東京都立老人病研究所
職歴 1989年7月遼寧中医葯大学針灸学部助教授 医学博士
2012年10月遼寧中医薬大学針灸学部教授に就任
現在に至る 
2018年1月国際天然物機能開発研究会・国際中医薬学院 学院長に就任 
主な研究テーマ 老化の予防アルツハイマ病の予防及び疫学の調査

大堀 益子 副学院長

 ずいぶん前から家族の健康を守るため、栄養学、福祉、メンタルヘルスなど様々な勉強をしてきましたが、たどりついたのが中医学(東洋医学)でした。
 中医学を学ぶ中で、私たち人間も自然の一部であるという事、自然に寄り添って生活している時は健康であり、それが崩れると病を引き起こすという考え方。全てがバランスの上に成り立ち、互いに支え合い、影響し合って健康を維持しているという事。心と体を切り離して考えないという中医学の考え方に共感しました。
 中医学的な観点から、健康における食事や運動、心のあり方の大切さをもっと深めたいと思い、薬膳の学院で一年間学び、「薬膳アドバイザー」「中医診断薬膳師」の資格を頂きました。

 古来、中国では「食医」と呼ばれるお医者様が、皇帝の健康を考え食事を管理していたそうです。私も家族の健康を守るため、家庭の中での「食医」になりたいと中医薬膳学の勉強を続けてきました。
 そして、ひとりでも多くの方に薬膳の素晴らしさをお伝えしたいと思い、自宅を中心に「薬膳料理教室 茶茶」を主宰しています。毎月40名を超える生徒さんに中医学、中医薬膳学をお伝えすると共に、私自身の勉学にも努めております。

渡邊 賢(薬剤師・症状翻訳家)一般社団法人九州中医薬研究会 理事

1967年生まれ。福岡県春日市出身。
第一薬科大学を卒業後、製薬会社に入社。長崎で主に官公立系の病院を受け持つ。その後、福岡に戻ってきて30歳の時にわかはな調剤薬局を設立し、現在は調剤業務と並行して予約制にて症状翻訳カウンセリングを行なっている2017年4月より医療者に向け養成塾を開催している。

周 喆 (医師・助教授)

  • 1985年9月 遼寧中医薬大学付属病院 医師
  • 1992年9月 遼寧中医薬大学付属病院 主治医師
  • 1996年7月 日本東京医科歯科大学医学部 留学
  • 1998年9月 遼寧中医薬大学付属病院 助教授
  • 2015年2月 国際天然物機能開発研究会中医臨床研究所 所長

王 開慶 (医師・助教授)

  • 1989年9月 遼寧中医薬大学付属第二病院 医師
  • 1995年9月 遼寧中医薬大学付属第二病院主治医師
  • 2002年6月 杏林中国伝統療法学院 学院長
  • 2004年2月 遼寧中医薬大学日本校 非常勤助教授
  • 2015年2月 国際天然物機能開発研究会自然療法推進部 部長

講師 矢野久美子(薬剤師)

講師 矢野久美子(薬剤師)

「心と体のバランスをとる。自己治癒力を発揮する」漢方薬剤師、アロマセラピストとして活躍しています。

  • 農学博士  近藤  隆一郎

    農学博士  近藤  隆一郎
    農学顧問
    九州大学農学部名誉教授
    岐阜大学応用生物科学部客員教授

  • 医学博士 李 剛

    医学博士 李 剛
    医学顧問
    遼寧中医薬大学附属病院教授
    長崎国際大学薬学部客員教授

  • 薬学博士 正山 征洋

    scholar_sho...
    薬学顧問
    九州大学薬学部名誉教授
    長崎国際大学薬学部教授

 



 |